中古車の見るべきポイントとは

中古車を選ぶ時にまず最初にチェックしておきたいのは、それまでしっかりと整備をされてきたのかということであり、その辺がいい加減だった場合、それ以外の部分がどれだけよくても状態面に不安を持ってしまうことがありますからとにかく第一条件として整備がしっかりとされた車を選ぶようにしましょう。

逆に整備さえしっかりとしていれば、ある程度他の面で不安材料があっても安心して乗ることができるので、整備状態は非常に大事なポイントとなります。



次に確認すべきポイントが年式と走行距離で、中古車を購入する時にこの部分を重視して選ぶ人も多い最も基本的な車の状態を示す目安となる部分になっています。

特に年式というのは重要なポイントであり、ゴムでできた部品などは10年を経過してくるとあちこちが傷んできて、交換する必要などが出てくるため、これらの部分が整備されているかどうかで購入してからかかる出費などが変わってくるため、10年を超える中古車を選ぶ時にはこのような点に注意をしましょう。



次に走行距離ですが、単純に距離だけでいえば整備さえしっかりされていれば何十万キロと現代の車は走ることができるので、走行距離が多いから状態が悪いということにはなりませんが、こちらもやはり10万キロを超えてくると交換すべき部品が増えてくるのでその辺がどうなっているのかしっかり確認するようにしましょう。
新しいもの距離が短いものでは、交換の必要がない場合も多いのでそこまで注意をする必要はありませんが、古いもの走行が多いものを選ぶ時には注意が必要です。

OKWaveは人気のテーマです。